浴室内の段差を解消することで色々なメリット有!【浴室内すのこ】特定福祉用具販売・入浴補助用具

入浴補助用具
スポンサーリンク

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

こんにちは!

今回のブログは
「浴室内の段差を解消することで色々なメリット有!【浴室内すのこ】」
というテーマでお話ししたいと思います

ちなみに
特定福祉用具販売に関する過去のブログです👇
こちらもよかったら参考にしてみてください👇

入浴・排泄用品は介護保険で購入できる!【特定福祉用具販売の種類と特徴ついて】
福祉用具の中で介護保険の補助でお安く購入できる「特定福祉用具販売」のことをご存じですか?この記事では特定福祉用具販売に該当する商品の種類と特徴についてご説明しています。介護保険で販売できる商品のことを詳しく知りたい!という方はぜひこの記事をご覧ください!
介護保険を使っておうちのお風呂で安心して入浴!【入浴補助用具の種類と特徴】特定福祉用具販売
介護保険の補助で使える福祉用具「入浴補助用具」についてご存じでしょうか?この記事では入浴補助用具の種類や特徴、購入にあたっての補助枠などについて説明しています。入浴補助用具って何か知らない、どんな種類があるのか知りたい!という方はぜひこの記事をご覧ください!

入浴補助用具とは

特定福祉用具販売の対象種目のひとつ
「入浴補助用具」の定義は
以下の通りです

座位の保持、浴槽への出入り等の入浴に際しての補助を目的とする福祉用具であって次のいずれかに該当するものに限る。
・入浴用椅子
・浴槽用手すり
・浴槽内椅子
・入浴台(浴槽の縁にかけて利用する台であって、浴槽への出入りのためのもの)
・浴室内すのこ
・浴槽内すのこ
・入浴用介助ベルト

ちなみに特定福祉用具販売の
利用料については下記のとおりです

・介護保険の補助により自己負担額は購入額の1~3割
・年間10万円までの購入枠がある
※同一年度で購入額が10万円を超えた場合は超えた分が自己負担
例:自己負担1割の方で同一年度で12万円分の特定福祉用具販売があった場合
→10万円枠内の自己負担額1万円+枠外の自己負担2万円=自己負担3万円

ということで
同一年度で10万円の補助枠があるので
特定福祉用販売を利用する際は
10万円の補助枠を参考に
賢く購入しましょう!

浴室内すのこについて

ということで今回のブログテーマ
入浴補助用具のひとつである
「浴室内すのこ」は
浴室の洗い場に敷いて使うすのこのことです

浴室の段差が解消され
浴室内のバリアフリー化に!

浴槽マタギの際にも有効だったりします

ということで
主要な浴室用すのこについて
ご紹介すると…

👆フォーアクセスすのこは
脚部と天板が一体になっているので
扱いやすく
アジャスターの調整も
天板の上からできるので便利です

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤザキ エコボードすのこ 浴室用すのこ 400mm×900mm CWB ピンク/アイボリー
価格:33189円(税込、送料無料) (2022/1/21時点)

楽天で購入

 

👆エコボードすのこは
軽量でかつ丈夫!
シャワーキャリーのような
重い機器を使っても大丈夫です

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤザキ ライトボードすのこ 浴室用すのこ 400mm×900mm CWC
価格:17245円(税込、送料無料) (2022/1/21時点)

楽天で購入

 

👆ライトボードすのこは
軽量で脚部と土台が一体になっていて
扱いやすいすのこです
ただしアジャスターはついていないので
床面に凸凹のある洗い場では
がたつきが発生します

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOTO 浴室すのこ[カラリ床][400幅ユニット][950サイズ][EWB472
価格:18117円(税込、送料無料) (2022/1/21時点)

楽天で購入

 

👆カラリ床は
名前のとおり水はけがよく
汚れにくく表面がすべりづらいので安全です

浴室内すのこのメリットとデメリット

メリット

・脱衣所と洗い場の間の段差を解消
(シャワーキャリーで寝室⇔浴室の移動もしやすくなる)
・浴槽フチが高すぎてまたぎづらい際に
床部分のかさ上げにより浴槽マタギがしやすくなる

デメリット

・つけ外しの手間が大変
(重い・面倒)
・掃除がしづらい
つけ外しだけでなく
すのこ・床をそれぞれ掃除するのも大変・・・

基本オーダー品になります

浴室内すのこは
タテヨコの寸法が
決まっている既製品もありますが
基本的にはオーダーでの対応になると
考えてもらった方がいいですね

無理やり既製品で対応しようとすると
あちらこちらに
隙間が広くできてしまい
不安定な設置状況となったり
足を隙間に落としてしまったり
危険な状況になってしまいます

ということで基本的にはオーダー対応
メーカーに浴室に合う寸法にて
発注する形になります

そして
採寸から発注にあたっては
福祉用具事業所にお任せください

おおまかな寸法で採寸して安易に発注してしまい
浴室に不適合なすのこの導入になってしまって
返品もできず・・・
なんてことにならいように
福祉用具事業所に頼っていただければと思います

おうちでの安全な入浴は福祉用具でサポート!

ということで
入浴補助用具を
ご紹介してきましたが
たとえ介護状態になったとしても
住みなれたおうちでの入浴は
介護保険の補助をつかって
お安く福祉用具を導入することで
可能になります!

安易におうちでの入浴を
あきらめてしまうまえに
ケアマネジャーや福祉用具専門相談員に
お声がけください!

福祉用具屋さん
福祉用具屋さん

きっと力になってくれると思います!!

 

ということで
最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしよかったらこちらもみてみてください!
👇過去のブログです

介護用品スタッフ1号の役に立つ?情報
介護用品スタッフ1号さんのブログです。最近の記事は「ブログ投稿しました【トイレ用手すりの選び方・種類・特徴】」です。

👇介護の三ツ星コンシェルジュさんで
コラムも書いています

福祉用具屋さん(介護用品スタッフ1号) - コラムニスト紹介 - 介護の三ツ星コンシェルジュ:暮らしを豊かにするコラムサイト

ではでは

 

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

コメント

タイトルとURLをコピーしました