介護保険対象の住宅改修【扉の変更について】(引き戸や折れ戸の変更・撤去・ドアノブの変更など)

介護保険
スポンサーリンク

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

あなたの見たいニュースも逃しません【スマートニュース】

こんにちは!

今回のブログは
「介護保険対象の住宅改修【扉の変更について】」
というテーマでお話ししたいと思います

ちなみに
福祉用具レンタル・販売に関する過去のブログです👇
こちらもよかったら参考にしてみてください👇

https://kaigoyouhin1.com/rentarukounyuudotiragaotoku/
https://kaigoyouhin1.com/tokuteifukusiyouguhanbaisyumoku/

住宅改修について

介護保険の補助で利用できるサービスとして
「福祉用具用具貸与」「特定福祉用具販売」のほかに
「住宅改修」があります

ちなみに住宅改修の種類は以下の通り

住宅改修の種類
(1)手すりの取付け
(2)段差の解消
(3)滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
(4)引き戸等への扉の取替え
(5)洋式便器等への便器の取替え
(6)その他前各号の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

あと
住宅改修の利用者負担額については
下記のとおりです

・介護保険の補助により自己負担額は住宅改修工事額の1~3割
・限度額の枠は一生涯で20万円の工事まで
※「介護の必要の程度」が3段階上がるケースや転居された場合は一生涯20万円の枠がリセットされて再度20万円の支給限度額内で介護保険の補助がでます
(ちなみに「介護の必要の程度」は下記の通り👇)

👆出典:介護の輪ホームページ「介護保険の住宅改修の上限20万円をリセットする2種類の方法!」

「扉の変更」について

ということで

住宅改修工事のひとつ
「扉の変更」
ですが

介護保険での定義では

開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取替えのほか、扉の撤去、ドアノブの変更、戸車の設置等の工事も含まれる

とあるように
扉に関する工事があれこれ示されています

扉の変更工事あれこれ

ではここからは
具体的にどんな工事が対象になるの?

ということで
主な扉の変更工事について
お話していきます!

開き戸から引き戸への変更

開き戸を開く際は
一歩あとずさりの動作が必要になります
このあとずさりの動作って
足の悪いご利用者にとって
バランスを崩すもとにもなります
また車いすの場合は
あとずさり自体できなかったりします

そんな時に有効なのが
開き戸から引き戸への変更!
扉の開きしろを気にせず
開け閉めができます!

開き戸から折れ戸への変更


折れ戸への変更は
特に浴室の入口で有効です

狭い洗い場の場合
シャワーベンチを置くと
1枚タイプの開き戸が
シャワーベンチに干渉して
扉があかなかったりすることも・・・

折れ戸なら
扉の開きしろが小さく済むので
洗い場スペースを気にせず
扉の開閉が可能になります

アコーディオンカーテンへの変更


アコーディオンカーテンも
トイレの扉を取り替える工事として
これまでよく施工したりしました

一般的な扉に比べ開け閉めが軽く済むのですが
全開に開けた際に
たたみしろ分の出っ張りが残るので
通行する際には
出っ張り分も計算して
使えるかどうかを見極めたうえで
導入を検討しましょう

扉の撤去

門扉など
重くて開け閉めの負担が大きい場合は
思い切って扉を撤去してしまう
という工事も介護保険対象です

ただし撤去してしまうことで
中が丸見えになったり
防犯上不用心だったりもするので
その点も踏まえて
撤去については検討しましょう

扉の吊元変更(左⇔右・内開き⇔外開き)

ご利用者の動線を踏まえると
開き戸の開きしろが
邪魔だったりする場合があります

そんな時には
扉の吊元を左右逆に変更したり
扉の内開きと外開きを逆にしたりする工事も
介護保険の対象工事であり
円滑な移動を図るうえで有効だったりします

ドアノブの変更

ドアノブをレバー型に変更する工事も
介護保険対象です

特に握力の弱い方にとって
ノブを握る動作は難しく
レバー型なら握りこまずに操作できるので
便利です!

こんな工事は介護保険対象外!

ということでいろいろな扉の変更が
介護保険の対象の工事になるのですが
対象にならない工事もあります

それは

「扉の劣化が理由で扉を変更すること」

劣化による買い替え的な意味合いでの工事は
介護保険対象外となるので
気を付けましょう!

福祉用具と併用して20万円の枠は上手に使いましょう

ということでとても便利な住宅改修工事ですが
20万円という限度額は賢く使いましょう!

というのも

福祉用具屋さん
福祉用具屋さん

20万円の枠は一生涯!

使い切るともう後の工事は
全額実費になってしまいます

結構よくあるのが
後になって

あっ!あそこにも手すりを付けたい!

ここにも!

あそこにも!

なんて感じで追加で工事をしたい箇所が
発生するケースがよくあることです

結構20万円の枠を
この際使わなきゃ損損!

なんて感じで
あまり必要度の高くない箇所まで
工事をしてしまって
あとになってもっと必要度が高いところが出てきて
でも費用は全額実費なんてことに・・・

住宅改修の内容は福祉用具で代用できる!

この一生涯20万円の枠を賢く使う上で重要なのが
福祉用具の併用です

たとえば・・・

らくらくゴムハンドルの購入

こちらの商品は
ドアノブに挟み込んで固定させるだけで
レバー型のハンドルとして使うことができます

握力が弱くて
ドアノブを握るのが大変!
という方にとても有効です

・・・ということで
住宅改修の工事内容って
福祉用具で代用できるケースはとても多いです!

福祉用具レンタルや
特定福祉用具販売で対応できるところは
福祉用具でまかなって
貴重な20万円の工事補助枠分は
本当に必要な箇所で使うことを
強くお勧めします!

 

 

 

ということで
最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしよかったらこちらもみてみてください!
👇過去のブログです

介護用品スタッフ1号の役に立つ?情報
介護用品スタッフ1号さんのブログです。最近の記事は「ブログ投稿しました【トイレ用手すりの選び方・種類・特徴】」です。

👇介護の三ツ星コンシェルジュさんで
コラムも書いています

福祉用具屋さん(介護用品スタッフ1号) - コラムニスト紹介 - 介護の三ツ星コンシェルジュ:暮らしを豊かにするコラムサイト

ではでは

 

 

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

あなたの見たいニュースも逃しません【スマートニュース】

コメント

タイトルとURLをコピーしました