お部屋で入浴介護が可能に!【簡易浴槽の使い方】特定福祉用具販売・介護保険

特定福祉用具販売
スポンサーリンク

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

こんにちは!

今回のブログは
「お部屋で入浴介護!【簡易浴槽の使い方】」
というテーマでお話ししたいと思います

ちなみに
特定福祉用具販売に関する過去のブログです👇
こちらもよかったら参考にしてみてください👇

入浴・排泄用品は介護保険で購入できる!【特定福祉用具販売の種類と特徴ついて】
福祉用具の中で介護保険の補助でお安く購入できる「特定福祉用具販売」のことをご存じですか?この記事では特定福祉用具販売に該当する商品の種類と特徴についてご説明しています。介護保険で販売できる商品のことを詳しく知りたい!という方はぜひこの記事をご覧ください!
介護保険を使っておうちのお風呂で安心して入浴!【入浴補助用具の種類と特徴】特定福祉用具販売
介護保険の補助で使える福祉用具「入浴補助用具」についてご存じでしょうか?この記事では入浴補助用具の種類や特徴、購入にあたっての補助枠などについて説明しています。入浴補助用具って何か知らない、どんな種類があるのか知りたい!という方はぜひこの記事をご覧ください!

特定福祉用具販売の対象種目

特定福祉用具販売の対象種目は以下の通りです

●腰掛便座
・和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの
・洋式便器の上に置いて高さを補うもの
・電動式またはスプリング式で便座から立ち上がるに補助できる機能を有しているもの
・便座、バケツ等からなり、移動可能である便器(ポータブルトイレ)
●入浴補助用具
・入浴用いす(シャワーいす)
・浴槽内いす(浴槽台)
・浴槽用手すり
・入浴台(バスボード)
・浴室内すのこ
・浴槽内すのこ
・入浴用介助ベルト
●簡易浴槽
●自動排泄処理装置の交換可能部品
●移動用リフトのつり具の部分

ちなみに特定福祉用具販売の
利用料については下記のとおり

・介護保険の補助により自己負担額は購入額の1~3割
・年間10万円までの購入枠がある
※同一年度で購入額が10万円を超えた場合は超えた分が自己負担
例:自己負担1割の方で同一年度で12万円分の特定福祉用具販売があった場合
→10万円枠内の自己負担額1万円+枠外の自己負担2万円=自己負担3万円

同一年度で10万円の補助枠があるので
特定福祉用販売を利用する際は
10万円の補助枠を参考に
賢く購入しましょう!

簡易浴槽について

ということで
今回ご説明する特定福祉用具販売の種目のひとつ
「簡易浴槽」について
簡単にご紹介しますと・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【弘進ゴム】コーシン快護おふろセット3 (浴槽+給気ポンプの2点セット)
価格:63356円(税込、送料別) (2021/11/28時点)

楽天で購入

 

簡易浴槽は
自宅の浴室で入浴ができない方向けに
お部屋で簡易に入浴ができるキットです

簡易浴槽に空気を入れて膨らませて
そこにお湯を張って入浴する
という仕組みです

ということで
主要な簡易浴槽を2点ご紹介しますと…

ニュー湯っくん(オカモト)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニュー湯っくん
価格:60588円(税込、送料無料) (2022/2/2時点)

楽天で購入

 


付属のポンプを使って
空気を入れて膨らませるだけで
簡単に使用ができます

床をぬらさないように
本体の外側までシートがついていて安心です

コーシン快護おふろセット(弘進ゴム)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

入浴用品 コーシン快護 おふろ セットIII(セット3) 【弘進ゴム】
価格:58090円(税込、送料無料) (2022/2/2時点)

楽天で購入

 

こちらの商品も
付属のポンプで空気を入れて
膨らませて使います

ちなみに空気入れは電動で
約20秒で浴槽本体に空気が満タン補充されます

給湯については
家の浴槽から専用ポンプを使えば
4分間ほどで給湯完了!

布団やベッドの上に
そのまま敷いて使用することができ
ベッド⇔簡易浴槽の
移乗負担がかかりません
(シーツ交換の要領で体位交換を行いながら簡易浴槽を敷きこむことができます)

簡易浴槽はレアな商品

というわけで
簡易浴槽について色々説明してきましたが
実は私の長い期間の福祉用具の仕事の中で
簡易浴槽を販売した経験は今まででたったの1度だけ!

非常にレアな商品かと思っています

実際のところ
ご家族で簡易浴槽を使うには

福祉用具屋さん
福祉用具屋さん

手間がかかりすぎる!

というのも一回の入浴で

・浴槽を設置
・空気を入れる
・お湯を家の浴槽から簡易浴槽までホースでつないで給水
・ご利用者をお風呂に入れる
・洗体
・お風呂からご利用者を出す
・体をふいて服を着せる
・浴槽のお湯を排水
・浴槽の空気を抜く
・浴槽を撤去
・浴槽の濡れた部分のふき取り
・浴槽を干す

といったこれだけの作業が必要となります

ここまでの手間を考えた場合
正直なところ

福祉用具屋さん
福祉用具屋さん

訪問入浴サービスを使った方がいいのでは??

なんて思ってしまう・・・

費用は上がりますが
「簡易浴槽を都度使う手間と時間コスト」
「訪問入浴サービスを使う費用」
を天秤にかけた場合に
ほとんどの場合は
訪問入浴サービスの方が選ばれることになる
と思っています

とはいえ
コロナ蔓延の中では
できるだけ家には人を上げたくない
なんていうケースもあるかと思います

浴室では入浴ができないけど
なんとかおうちで入浴する方法はないかしら?

という場合に簡易浴槽は有効です

福祉用具屋さん
福祉用具屋さん

一度ご検討してみてはいかがでしょう?

 

ということで
最後まで読んでいただきありがとうございました!

もしよかったらこちらもみてみてください!
👇過去のブログです

介護用品スタッフ1号の役に立つ?情報
介護用品スタッフ1号さんのブログです。最近の記事は「ブログ投稿しました! 「できる福祉用具専門相談員になるポイント3選」」です。

👇介護の三ツ星コンシェルジュさんで
コラムも書いています

福祉用具屋さん(介護用品スタッフ1号) - コラムニスト紹介 - 介護の三ツ星コンシェルジュ:暮らしを豊かにするコラムサイト

ではでは

 

防災グッズなら【ディフェンドフューチャー】

コメント

タイトルとURLをコピーしました